折り鶴物語

ちょっとうれしい「折り鶴」にまつわる話題です。兵庫県の方からメールをいただきました。ある学校の同窓会で「折り鶴」を演奏して歌います。とのこと。
「コーラスをうまく歌える方法はどうしたら良いですか?」と質問もありました。

司平さんにも転送し、楽譜が添付されてきたので、お送りしました。
そして、「折り鶴」の歌は平和の歌ですが、「生きていてよかった」という思いで生きていきたい、生きて欲しいという、大きな意味でのラブソングでもあります。幸せになろうね、という気持ちで歌ってください。とお答えしました。

こういう話、うれしいですね。「折り鶴」を学校で歌います、というメールをよくいただきます。最近では、平和の歌といえば「折り鶴」という時代が来たような気がしますよ。
[PR]

by p_pulana | 2009-07-21 21:22 | 梅原司平の歌  

<< 少しお待ちを〜 新しいCDが生まれます! >>